sola logo東日本大震災支援  Serve for Others, Live with one Another.


日本語 | English | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文


「熊本地震」 で被災された方々のために


13051713_10153350974166895_4786777901882724375_n.jpg   12994337_10153350974221895_784111782339481762_n.jpg


今回の「熊本地震」で大きな被害を受けられたみなさまに心から哀悼の意を申し上げ、被害に遭われた地域のご家族、関係者のみなさまにお見舞いを申し上げます。

Solaは、東日本大震災で被災したこどもたちのために学習支援を中心に、地域のみなさまと一緒に私たちにできるお手伝いをしてまいりました。今回の熊本地震で小さな心に傷を負ったこどもたちのためにも、できることをしたいと願っております。

現地スタッフの平田美保が、熊本の被災地に入り、支援活動のお手伝いをしながら、これから私たちに何が出来るかを探っております。

現地の支援団体、行政、教会関係者などと連携しながら初期活動をしています。被災地での必要と状況は常に変化していますので、お祈りくだされば幸いです。
引き続き、みなさまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

何よりも、世界と日本の将来を担う子どもたちが、健やかに成長するようにと祈りつつ。

Sola代表 米内宏明


具体的なお願い


・ 被災された方々と支援活動をおこなっている方々のために
  お祈りください。


・ Solaと平田美保スタッフのためにお祈りください。

   4/25から、現地の教会や支援団体と連携し、
   支援活動のお手伝いをしています。


・ 支援金を募っています:

 みなさまより尊い支援金を賜り感謝を申し上げます。
 この度の「初期活動費、ボランティア活動費、子ども支援基金」は希望額をほぼ寄せて頂きました。
 熊本地震への支援活動は、これからも必要に応じた継続プログラムとボランティア派遣も検討しています。
 引き続きご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

中期にわたる支援
及び東北での継続活動のためのクルマ購入+活動費
100万円


supportactivity_250_40.gif


ボタンを押すと送金先の情報が表示されます。
その先の「活動支援内容指定」では「熊本地震」をご指定ください。


Sola Update

現在進行中のプロジェクト

    熊本地震で被災したこどもたちのケアのために。
こどもの日(5/5)の九州キリスト災害支援センター(九キ災)さん主催、ワールドビジョンジャパンさんと共催の「くまもとスマイル ~みんなで遊ぼう御船町~ 」を子どもたちと保護者、学校の先生方、役場のみなさまのご参加とお力添えで開催できました。九キ災さんと今後もご協力して参ります。
 


これからの活動

    *これまで南三陸町でしてきた活動内容を今後も必要に応じて引き続きおこないます。また震災のため引っ越しをしたこどもたちのための活動やお手伝いを検討しています。
*熊本地震で痛みを受けた子どもたちのために、支援団体や地元の教会への協力をしたいと計画しています。
 


定常の活動

    現在は定期的な活動は行なっていませんが、個人的に訪問したり不定期にフレンドパーク(学習保育サポート)を行なっています。
 
    お問い合わせはこちらへどうぞ  



最近の活動、これまでの活動経緯はこちら LinkIcon




Solaは、東日本大震災で被災した
子どもたちの支援に取り組みます




Solaと子どもとボランティアと


Solaは、子どもたちがどんな状況においても、未来に希望を持つことができるようなコミュニティを地域の方と共に作ることをめざしています。

東日本大震災をきっかけに、活動を始めた国分寺バプテスト教会の有志によってSolaは立ち上げられました。

被災地では、多くの子どもたちが計り知れないストレスを抱えながら生活しています。Solaは被災地の子どもたち一人ひとりの状況に応じたストレスケアと成長支援を中心に活動をしています。またその活動を通して、子どもたちの未来(10年後)を創る働きを目指しています。

go_detail.gif

Sola は3つの分野の働きを通して
被災地の子どもたちを支援します


 
       


Sola の専属スタッフ



平田 美保 平田 美保 (みほ) ...


2014年4月から、鈴木手以(テモテ)スタッフのはたらきと支援先が変わりました。こちらをご覧ください。LinkIcon

Sola の活動に支援金で協力します


Fotolia_30857085_XS.jpg


Sola では、働きを継続、活性化させていくための財的支援を必要としています。そのためにはサポーターのみなさんのご支援が必要です。ご協力をお願いいたします。

supportactivity_250_40.gif

ボタンを押すと送金先の情報が表示されます
その先で支援内容を指定できます

専属スタッフに支援金で協力します


Fotolia_40706373_XS.jpg


Sola の専属スタッフの経済的な必要は、みなさんの支援によって支えられています。ぜひサポーターのみなさんのご協力をお願いいたします。

supportstaff_250_40.gif

ボタンを押すと送金先の情報が表示されます
その先でスタッフを指定できます

Sola の活動に参加する


Fotolia_29277673_XS.jpg


東北での活動には、多くの方の協力、みなさんとのネットワークが必要です。子どもプログラムへの参加、特に教育部門のスペシャリストのボランティアを求めています。下のボタンを押してご相談ください。


inquiry.gif

ボタンを押すと問い合わせのページが表示されます

みなさんの支援を集めて実現したい
Sola のウィッシュリストです


bind_65.jpg

nursery_mod2.jpg イースターとクリスマスのプレゼントを、南三陸の子どもたちに届けたい

 必要2.5万円 / 現在1.8万円   go_detail.gif






LinkIconこれまでに実現したウィッシュリストはこちら
ご支援ありがとうございました!

※ 募金が集まらない場合、プロジェクトが行われない場合があります。その場合、次回への持ち越し、あるいは他のプロジェクトに活用される場合があります。
※ 募金が目標額を超えた場合、他のプロジェクトへ回すこともあります。

これまで Sola がしてきたこと

click.jpg  3.11からの活動経緯

sendai 085.jpg3.11東日本大震災発生直後からこれまでの活動

私たちは2011年3月11日の東日本大震災直後の3月21日を始めとして、東松島市、石巻市、南三陸町等の被災地に現地入りし、主に現地の教会や、日本国際飢餓対策機構、World Vision Japan、オアシス等の財団法人、NGOと連携し、炊き出し、支援物資配布等の緊急支援に関わってきました。また、ホテル観洋、志津川高校、戸倉小学校などの避難所、学校等を訪問し、震災の影響を受けた子供達へのスポーツ・遊戯を通じたストレス発散の場を提供してきました。

これまでの活動を時系列にまとめました。こちらからご覧ください。 go_detail.gif

click.jpg  復旧作業

sendai 076.jpg泥出し、がれき撤去、畑地ヘドロ除去 等

震災後すぐに必要だったことは、家屋や商店、道路、畑など、あらゆる生活空間を埋め尽くした泥、がれき、ヘドロの撤去、除去などの復旧作業でした。手作業に頼らざるを得ないこの作業は、気が遠くなるほどの手間と時間を必要とします。被災地の皆さんと共に、Solaの母体となった教会や多くのボランティアたちが、精一杯の奉仕をしてきました。現在もこの必要は続いています。

詳しくはこちらからご覧ください。 go_detail.gif

click.jpg  生活支援

IMG_1756.JPG簡易シャワー設置、自転車組み立て、炊き出し、弁当デリバリー

震災後、復旧作業と同時に必要だったことは、津波で生活に必要なすべてを流された方々の生活面での支援でした。私たちも少しでも生活の回復のお手伝いをしたいと願い、ずっと体を洗うことができずにいる方々のために簡易シャワーの設置、移動手段が無くなってしまった方々のために自転車組み立て、食事を作ることができない状況にある方々のために炊き出しや弁当デリバリーを行いました。

詳しくはこちらからご覧ください。 go_detail.gif

click.jpg  コミュニケーション支援

IMG_5890.JPG露天販売、イベント援助

震災後しばらくして必要になってきたことは、失われた人々のコミュニケーションの支援でした。8月に行われた石巻川開き祭りでは、他団体と協力して、露店にて焼きトウモロコシやかき氷を販売したり、イベントの援助を行いました。また、台湾のチームと共に志津川の仮設や幼稚園に、屋台でクレープを届けました。

詳しくはこちらからご覧ください。 go_detail.gif

click.jpg  キッズプログラム

IMG_1056.JPGバルーンプログラム、サッカーゲーム、Tシャツ作り

震災では多くの子どもたちが、かけがえのない両親、家族、友だちをなくしました。そうでなくても心に深い傷を負っている子どもたちがたくさんいます。子どもたちが子どもらしくいられるよう、将来の復興を担っていく大人に育っていけるよう、支援を行っています。これまで、避難所、学校を訪問して、バルーンプログラムやサッカーゲーム、Tシャツ作りを子どもたちと共に行いました。心がけているのは、プログラムを滞りなく行うことではなく、そこに来た一人ひとりの子どもたちと真剣に関わることを大切にしたいということです。

詳しくはこちらからご覧ください。 go_detail.gif

click.jpg  被災地の様子(2011年4月頃)

90CE8AAA814020110414-042020096mod.jpg

2011年4月、私たちが炊き出しや物資のお届けなどをさせていただいた宮城県石巻市の旧北上川の東側の様子(動画)です。このような状態、あるいはもっとひどい状態が、東日本の海岸数100kmにわたって延々と続いていました。今でも手付かずの地域が数多くあります。

詳しく(動画)はこちらからご覧ください。 go_detail.gif

Sola に経済的支援をいただいた団体

LinkIconこちらをごらんください。

Sola に協力していただいた団体

LinkIconこちらをごらんください。